社員インタビュー

大手総合コンサルティングファームから専門性を個人に向ける人材紹介へ転職 〜コトラ社員インタビュー(6)〜

 

こんにちは!コトラ内定者の浅井俊亮と長谷川きなりです。

「コトラの伝えきれていない良いところを見つけようプロジェクト」社員インタビュー第6回目は、シニアコンサルタントの石井力さんにお話を伺いました。

石井さんには、長年ビジネスコンサルタントとしてキャリアを積んできた視点から、コトラについて語っていただきました。

 

 

ビジネスコンサルタントから人材紹介の道へ

 

"社員インタビュー"に答える石井さん

 

 

長谷川:人材業界で働くことになったきっかけを教えてください。

 

石井(以下、敬称略):10年間大手総合コンサルティングファームに勤務してたのですが、今後のキャリアについて考えた際に、個人を対象に自分の専門性を提供できるような仕事をしたいと思い、転職を決意しました。前職で、最後の数年は人事部にて新人研修の改定や育成を行っていたのですが、そのときに個人単位にアプローチするシンプルな仕組みが性に合っていると感じたんですよね。エージェントは自分の培ってきたものが生かされやすい仕事であると私は考えています。

 

 

長谷川:数ある同業他社の中でコトラを選んだのはどうしてでしょうか。

 

石井:クライアント側とキャンディデイト側の両面で活躍できるからです。また、顧客が専門性の高いハイクラス層なので、自身のキャリアにもフィットしているように思います。それと、面接では6名の社員とお会いしたのですが、全員と肌感覚が合ったことも大きかったですね。

 

 

 

自由かつスピード感のある職場

 

長谷川:コトラで実際に働いてみて、入社前とのギャップはありましたか?

 

石井:

まず前提として、私たちコンサルタントはクライアント企業様の人的課題を解決し、その対価を頂くことがミッションで、それが非常に大きな責任としてあります。その点については、前職と比べて違和感はありませんでした。
一方で、その責任を果たすためにはあらゆることを考え実行する必要があり、そこに高い自由度がありました。そのことに対して、すごく自由だな、という印象です。具体的には、「どの業界を専門にするか」ということも、1日のタスクも、すべて自分で決められるということです。前職では、課題に対してどうアプローチするかはもちろん自ら考えていましたが、ここまで選択肢が幅広く与えられているのはコトラならではだと思います。コトラは働き方の自由度が非常に高いです。ただし、成果が出ていないときにはきっちり指摘や指導が入るので、決して油断はできないですけどね(笑)

なお捕捉で付け加えておきたいのですが、この「自由」というのは責任を果たすこととセットですし、組織として経済活動をする中では当然のことながら統制も必要となります。私は前職までと比べて「自由」と感じたのでそのようにお伝えしましたが、我々の優先順位は「責任」>「自由」ですので、そのことは念頭において頂きたいです。

 

長谷川:コトラでは”自発的に行動する”ことが鍵になっているんですね。

 

 

長谷川:コンサル業界とは、働き方の面以外に社風に違いはあったんでしょうか。

 

石井:コトラは非常にフラットです。社長以外は全員がプレイヤーなので、一人ひとりがリーダシップを持って仕事をしています。また、社員数も多くないので、職場では全員の顔が見やすく、アクセスしやすい空間になっています。そのおかげもあって、社長もよく言っているのですが、意思決定がしやすく、スピード感が早い職場だと常々感じています。

 

長谷川:現在の仕事でどこにやりがいを感じていらっしゃいますか?

 

石井:満足の声をいただけたときです。このお仕事は紹介者の方も転職先の企業もWin-Winになれる仕事だと言えます。自分を通じて紹介者の方が幸せになり、感謝の気持ちを伝えていただけることがやりがいになっています。

また、ハイクラスの方の支援ができたときはプラスα転職先企業自体をも変化させることができるというのも魅力です。

 

 

長谷川:実際に紹介者の方から報告いただけることは多いのでしょうか?

 

石井:多いと思います。転職が決まったあとでも連絡を取り、現状の報告や今後の動きも話すことをしています。

 

長谷川:紹介者の方から直接感謝の気持ちを伝えてもらえるのはとても嬉しいことでモチベーションのアップにもつながりますよね。

 

"社員インタビュー"に答える石井さん

 

 

長谷川:石井さんは中途採用としてコトラに入られたと思うんですが、私達のような新卒に期待することはなんでしょうか?

 

石井:いっぱいありますねー笑

そもそもコトラがフラットな組織なので上から言えないのですが新卒の方と中途の方の大きな違いは新卒の方は業界に染まっていないため、固定概念がない分様々な動き方ができいろんな可能性を秘めていると思います。業界や職種の新規開拓にも動きやすいのでそういった積極的な姿勢も期待しています。

 

長谷川:最後にメッセージをお願いします。

 

石井:人材紹介業界は紹介者の方の職に対する悩みを解決するという分かりやすく、おもしろい、天使みたいな職業です。

参入障壁は少ないもののただ業務をこなしているだけではプロフェッショナルになれないためシビアに働くことが重要だと思います。

前職のコンサル業界はお尻を叩かれてキャリアアップするのに対し、人材紹介業界は自分で努力し統制していくことが重要だと思います。

 

 

終わりに

 

石井さんのお話を聞き、紹介者の幸せ、気持ちを考えるのが一番ということがわかりました。コトラには経験豊富なプロフェッショナルがたくさんいるからこそ幸せを考えたサービスを提供し続けることができると改めて実感しました。コトラにはこういった専門的な知識を活かしたコンサルタントが多数在籍しているのも特徴の一つです。株式会社コトラでは新卒、中途採用を行なっています。このように専門的な知識を深めることができるだけでなく活かすことができるコトラでぜひ一緒に働きませんか?

 

▷石井さんの紹介ページはこちら

コンサルタントの紹介 石井力

▷同プロジェクトの前回の記事はこちら

「コトラの伝えきれていない良いところを見つけようプロジェクト」〜コトラ社員インタビュー(5)〜