社員インタビュー

【21卒】内定者インタビュー vol.1 〜大学でのビジネス学習を活かし、新たな領域へ〜

 

こんにちは!21卒内定者の長谷川きなりです。
記念すべき初コトライフは、同じく内定者の浅井俊亮さんへのインタビューです。
学生生活や就職活動、今後の意気込みなどなど、じっくり聞いていきたいと思います。
ぜひ最後までお読みいただけると嬉しいです。

 

 

インタビューに答える"21卒”内定者の浅井さん

 

学生生活や好きなもの、いろいろ

 

長谷川:まずはじめに自己紹介をお願いします。

 

浅井:立教大学経営学部経営学科4年の浅井俊亮です。大学では主にリーダーシップについての研究をしていました。その中でも大学2年次に学内のBLP(ビジネスリーダーシッププログラム)というリーダーシップを行使し提携企業にビジネスプランを提案するという授業でCA(コースアシスタント)を行っていました。

 

 

長谷川:CA(コースアシスタント)では具体的にどんなことをしていたんですか?

 

浅井:BLPではクラスや班に分かれて少人数で授業を展開していきます。授業形態も2年生が1年生に対して展開していくため、生徒が主体となって行います。僕はクラスのフォローや課題の添削、高校生に対するイベントの集客などを行っていました。

 

長谷川:これからのお仕事にダイレクトに活きてきそうですね。

 

 

長谷川:次に、趣味や好きなことについて教えてください!

 

浅井:食べることが大好きです!特にラーメンは幼少期からずっと好きで、大学で上京してから制限なく食べています(笑)1年前家から徒歩30秒のところに二郎系のラーメン屋ができてしまい多いときでは2日に1回くらいのペースで食べています。

 

長谷川:ラーメン、わたしも大好きです。徒歩30秒は罪ですね・・

 

浅井:また、スポーツも大好きです!小学3年生からずっと野球をやってきただけでなく、水泳、サッカー、バスケットボール、テニスなど様々なスポーツに手を出してきました。飽きっぽいというか好奇心旺盛なので面白そうと思ったものにはすぐ食いついてしまいます。

 

長谷川:バリエーション豊富!!コトラには部活動もあるみたいなので、浅井さんの活躍が楽しみです。

 

 

就職活動、どうだった?

 

長谷川:次に、就職活動について聞いていきたいと思います。就職活動はいつ頃から始めましたか?

 

浅井:3年生の夏からです。はじめはいろいろな業界を見るために業界問わずインターンシップに参加していました。その中で社員の方と一対一で話せ、自分の疑問点をダイレクトにぶつけられるOB・OG訪問を中心にやってきました。

 

 

長谷川:OB・OG訪問はその後の就職活動にどのように活きてきましたか?

 

浅井:社会人の方とお話する機会も増えて、自分の将来や社会について考えることができたと思います。就活の軸を考える上で自分がどんな条件を求めているかが明確になりました。

 

長谷川:就職活動という先行きが不安な中で、社会人の方々からお話を聞けるのは貴重な機会ですよね。

 

 

長谷川:OB・OG訪問のほかに、就職活動でやってよかったことはありますか?

 

浅井:早めに就職活動を始めたことでたくさんの業界に目を向けられたことがよかったです。自分の可能性を狭めることなく様々な考え方を吸収することができたと思います。

 

 

長谷川:逆に、大変だったことや反省点を教えてください。

 

浅井:秋、冬くらいにモチベーションが落ちてしまったことです。
就活の軸をぼんやりと決めてしまったため業界が絞れず、どうすればいいんだろうと悩み迷走してしまいました。解決策として一旦軸を細かく見直して、実現したいことを書き出して明確化しました。

 

長谷川:解決策をきちんと導くことができたのは、慎重な準備の賜物ですね。

 

 

長谷川:業界はどんなところを受けましたか?

 

浅井:夏には様々な業界を見ましたが、主にコンサル、人材業界を受けました。
これまで常に人に関わってきたこと、様々な人と出会い自分の人生が大きく変化していると考え、自分も人の変化に携わりたいと考えました。また、業界を企業目線で見ることができ、課題を解決するための案を考え、実行するというコンサル業界にも興味を持っていました。

 

長谷川:わたしも今までの経験と照らし合わせて業界を決めました!自己分析ってこういうところで活きてくるのか、としみじみ感じます。

 

 

インタビューに答える"21卒”内定者の浅井さん②

 

コトラについて

 

長谷川:それらの業界の中からコトラを選んだのはどうしてですか?

 

浅井:自分の軸とマッチしていたことです。人に直接的に携われるのはもちろん、役職がほとんどなく、フラットな組織のため挑戦できることも多いと思います。また、業界に精通した社員さんも多くいらっしゃるため、学びとなる部分が非常に大きいと感じたためです。

 

長谷川:わたしもコトラの組織のかたちに強く惹かれました!ここまでフラットなのは少しめずらしいような気がします。

 

 

長谷川:入社後、楽しみなことはなんですか?

 

浅井:特に楽しみな部分は、いろんな可能性がたくさんあるという点です。手を挙げれば挑戦させてもらえる環境、新規事業やまだ整備されていない業務にも取り組んでいきたいと考えています!

 

 

長谷川:それでは最後に意気込みをどうぞ!

 

浅井:自分の長所でもある積極性や吸収力を生かして、少しでも早く業務をこなせるようになるだけでなく、常に挑戦して自分の提案を受け入れてもらえる力をつけられるように成長していきたいと思います。

 

 

終わりに

 

今回のインタビューを経て、学生生活や就職活動についての振り返りと同時に、今後の目標についても明確にしてくれました。個人的にはこれからの仲間のことを知ることができて、とてもよい機会になりました。

ここまでお読みいただいたみなさま、この機会を用意してくださった社員のみなさま、浅井さん、本当にありがとうございました。

 

 

▷もう1名のインタビュー記事はこちら

21卒内定者インタビュー vol.2

▷20卒内定者インタビュー記事はこちら

”内定者インタビュー” 〜ただ一人の内定者に聞いてみた〜

 

▷新卒採用ページはこちら

コトラ 新卒採用