社員インタビュー

”専門性”を強みに、より深くお客様のスキルやニーズに寄り添う。人々の「就職」に向き合い続けるプロフェッショナルの仕事観に迫る 〜コトラ社員インタビュー(7)〜

 

こんにちは!内定者の長谷川きなりです。

「コトラの伝えきれていない良いところを見つけようプロジェクト」社員インタビュー第7回目は、シニアコンサルタントの国谷理絵さんです。

現在は製造業界を担当していらっしゃる国谷さん。顧客に寄り添う姿勢の大切さを、丁寧に語っていただきました。

 

 

「寄り添う気持ち」から人材業界へ

 

インタビューに答える国谷さん3⃣

 

長谷川:前職では広告営業をご担当なさっていたとのことですが、なぜ人事業界で働くことになったのでしょうか?

 

国谷(以下、敬称略):前職では、高校生向けの情報サイトの運営に携わっていました。その中で卒業生にインタビューをする機会があったのですが、そこで耳にする機会が多かったのが、就職先における悩みの数々でした。彼らは新しい環境に囲まれ、さらには当時リーマンショック後だったこともあって社会的にも追い込まれていました。その姿を見て、彼らの就職後の人生をサポートできるような存在になりたい思い、人材業界に飛び込みました。卒業生には看護師が多かったこともあって、はじめの人材業界は医療従事者向けの会社に決めました。

 

 

長谷川:そこから製造業界向けの人材紹介にシフトしたのは何がきっかけでしたか?

 

国谷:はじめの人材会社では医師をメインで担当することになり、仕事としては面白かったのですが、所得など社会的な面が自分に合わないような気がしてしまって。自分にもう少し近い存在のほうが寄り添いやすいと感じて、今の業界に移りました。

 

インタビューに答える国谷さん2⃣

 

 

長谷川:人材業界の中でもコトラを選んだのはどうしてでしょうか?

 

国谷:大西社長が「専門性を大切にしている」ということを強調なさっていたのが響いたからです。”若くて元気があれば何人でも採る”といったような人材会社は多くあるように思いますが、難しさとやりがいを求めていたのでコトラがぴったりだと感じ、入社しました。

 

 

長谷川:コトラで実際に働いてみて、入社前とギャップに感じたことはありますか?

 

国谷:想像以上に、大人の方が多い、といいますか、落ち着いた方が多いなと思いました。仕事内容には特にギャップはないですね。難しさとやりがいがきちんと両立できています。

 

長谷川:社員の皆さんもプロフェッショナルだからこそ、ハイクオリティな成果を生み出すことができるんですね。

 

 

”働く”ということ

 

インタビューに答える国谷さん3⃣

 

 

長谷川:仕事をする上で意識していることはありますか?

 

国谷:一番気を使っているのは、間違ったマッチングを発生させないということです。年齢とか、経験とか。求人票の書き方など、こちらの発信の仕方でクライアントとキャンディデイトの間に齟齬が生じてしまうこともあるので、いかに繊細に情報を伝えられるかが重要であるように思いますね。

 

 

長谷川:やりがいに感じることといえば何でしょうか?

 

国谷:キャンディデイトの方々に新鮮なマッチングを提供できることです。というのも、一般的な転職といえば、”メーカーからメーカーへ”といったように、同業界の中で選択するかたちがほとんどですが、コトラでは、例えば今まで製造業界に携わってきた方に一流のコンサル業界を薦める、といったことが可能になっています。これは、コトラが長年築き上げてきた人脈や信頼など、徹底したブランディングのおかげです。「未知の領域への転職は全く考えてこなかった」という方にご自身の力を発揮できる新たな機会を提供することができ、それがうまくマッチした際には大きなやりがいを感じますね。

 

 

長谷川:これまで高校生からプロフェッショナル層までたくさんの「就職」を見つめてこられていますが、国谷さんにとって「就職」とはどのようなものと考えますか?

 

国谷:私自身、楽をしたい人間で、可能であればダラダラしていたいなと考えることもあるのですが(笑)、働くということは、社会に参加するチャンスを半強制的に得られるきっかけであると考えています。仕事をする上でのメリットといえばお金を稼げることはもちろんですが、何よりも、社会をよりよくすることに参画できることこそ、最大の利益であるように思います。

 

 

長谷川:最後に、記事を読んでいる方に向けてひとことお願いします。

 

国谷:現在は同い年もしくは年上の方と接する機会が多くなっていますが、常々実感することは、昔より転職のチャンスが広がっているということです。今や転職は当たり前の社会になっています。どこかに必ずある良い出会いをサポートすべく、コトラはこれからも真摯に皆さまに寄り添ってまいります。

 

 

終わりに

 

幅広い世代の「就職」に向き合ってきた国谷さん。そこには、真っ直ぐな視線で顧客に対峙する姿が常にありました。

国谷さんのお話にもありましたが、コトラは”専門性”が強みであるからこそ、より深くお客様のスキルやニーズに寄り添い、質の高いパフォーマンスの提供を可能にしています。

「就職」という人生の要において、コトラに信頼が集まる理由を、改めて実感できました。

国谷さん、貴重なお話をいただき、ありがとうございました。

 

 

▷前回の社員インタビューはこちら

「コトラの伝えきれていない良いところを見つけようプロジェクト」 〜コトラ社員インタビュー(6)〜

 

▶国谷さんの紹介ページはこちら

コンサルタントのご紹介 国谷理絵

 

 

コトラでは事業拡大につき、新卒・中途問わず人材を募集しています。

”専門性”が強みのコトラにおいて、ともにプロフェッショナルを極めませんか?

皆様のご応募、お待ちしております。